MENU

ヤニで歯が黄色くなる原因

日本で売られているタバコの多くにはタールが含まれています。煙草のヤニと言われるのは、このタールのことです。タールがステインという着色汚れとして歯に定着するため歯が黄ばんでしまいます。煙草だけでなく、毎日の食事もステインとなります。特にコーヒーや緑茶、カレーなど色の濃い飲食物を好む人の歯が汚れやすいです。
歯の周りはペクリルという物質で覆われています。ペリクルは歯のエナメル質を守る働きがあるります。それだけなら良いのですが、ペリクルはステインを吸着し、エナメル質に定着する性質があります。そのため時間が経つとステインが歯にガッチリと定着してしまうのです。
このような理由で歯が黄ばんだり、黒ずんだりします。

歯のヤニを落として白くする方法