MENU

煙草のヤニで歯が黄色くなる

タバコをよく吸ったり、コーヒーやお茶などを常飲する方は歯が黄色くなりがちです。 歯にヤニがついて黄色く見えると、不潔に思われたり、実年齢よりも老けて見られます。 歯は白くてキレイな方が良いですよね。 しかし、歯を白くするためにしっかり歯磨きしても、一度黄色くなった歯はなかなかキレイになりません。

黄ばんでしまった歯を白くするためには、なぜ歯が汚れたのかという原因を知り、適切なケアをすることが大切です。 間違ったクリーニングをすると歯のエナメル質を傷めてしまい、さらに歯が汚れたり虫歯が出来る原因となるからです。

ヤニで歯が黄ばむ原因

日本で売られているタバコの多くにはタールが含まれています。煙草のヤニと言われるのは、このタールのことです。タールがステインという着色汚れとして歯に定着するため歯が黄ばんでしまいます。煙草だけでなく、毎日の食事もステインとなります。特にコーヒーや緑茶、カレーなど色の濃い飲食物を好む人の歯が汚れやすいです。

歯の周りはペクリルという物質で覆われています。ペリクルは歯のエナメル質を守る働きがあるります。それだけなら良いのですが、ペリクルはステインを吸着し、エナメル質に定着する性質があります。そのため時間が経つとステインが歯にガッチリと定着してしまうのです。

このような理由で歯が黄ばんだり、黒ずんだりします。

歯のヤニをとって白くするには

歯のヤニや黄ばみを取るにはどうすれば良いでしょうか?
そのためには歯に付いた着色汚れのステインを落とすことが重要です。

一度ステインが歯に定着すると、通常の歯磨きではなかなか除去することができません。逆に歯磨きを頑張りすぎると歯のエナメル質を傷つけてしまいます。エナメル質に傷がつくと、その傷に汚れがたまりやすくなったり、虫歯が出来る原因となります。ですから、エナメル質を傷つけないようにしなければいけません


エナメル質を傷つけずに歯を白くする方法をホワイトニングと言います。ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家で行うホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは1度に数万~10万円以上もかかるので、ホームホワイトニングがおすすめです。

ホームホワイトニングにも歯科医院でマウスピースを作ってもらうものと、ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉を使う方法があります。マウスピースを作ってもらうタイプのホームホワイトニングも1回に数万円以上はかかります。ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉は3千円ほどです。当サイトではお手軽なホワイトニングジェルをおすすめします。


ホワイトニングジェルはステインを浮かせて剥がすことで歯を白くします。色々な種類が発売されていますが、刺激が弱く安全な成分で作られているものが良いです。刺激の強いものですと歯にしみてヒリヒリするからです。また、研磨剤を使っていないものを選びましょう。研磨剤が入っていると歯のエナメル質を傷つけてしまうからです。このような条件を満たしたおすすめのホワイトニングジェルはコレです。

おすすめのホワイトニングジェルはこれ

ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉は、歯を白くしたり口臭の予防などの機能があります。しかし、薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、歯を白くし口臭を防ぐだけでなく虫歯を予防する働きもあります。

ちゅらトゥースホワイトニングは厚生労働省が認可した医薬部外品です。歯を白くしたり、虫歯を予防するなどの効果が認められています。いろいろなホワイトニングジェルや歯磨き粉がありますが、医薬部外品として認定されているのは他にはほとんどないと思います。

ステインを除去して歯を白くする

ポリアスパラギン酸(PAA)のアミノ酸高分子が、口臭や汚れの原因であるステインを浮かせてはがします。通常の歯磨きでは落ちない汚れを落とすことができます。
また、リンゴ酸を配合しているので一度落としたステインが再び吸着するのを防いでくれます。歯を美しいままに保つ役割を果たします。

研磨剤不使用で安全

研磨剤が入っていると歯のエナメル質を傷つけて、歯が汚れる原因となります。ちゅらトゥースは研磨剤を使っていないので、エナメル質を傷つけません。
また、刺激が弱く安全な成分から作られているので、歯にしみることもなく安心して使えます。

むし歯を予防

ほとんどのホワイトニングジェルは歯を白くするだけです。しかし薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、むし歯リスクを大幅に下げる新規成分「GTO」を配合しているので虫歯を予防する効果があります。

効果が認められた医薬部外品

ちゅらトゥースホワイトニングは、厚生労働省により認可された医薬部外品です。歯を白くし口臭を予防したり、むし歯リスクを低減する効果が認められています。他のホワイトニングジェルで医薬部外品に認定されているものはほとんどありません。


効果の認められた 薬用ちゅらトゥースホワイトニングはこちら

更新履歴